セーヌ河

ノルマンディ -Normandie-

3月中旬の週末にノルマンディに1泊旅行してきました。

なぜかというとですねー。実はこの期間にP男が10日間もサン・マロにClasse vert (修学旅行)に行くことになったのでした。

このフランスのクラス・ヴェールっていうのはあいまいなもので、先生がやる気があったら行くと言う感じで、学年全部が行くわけではないのです。大抵行くのは独身のやる気満々の若い先生ばかりです。

残念ながら、U男は年上なのに若い先生にあまりあたったことがないので、まだ一回も経験していません。ということで、P男がクラス・ヴェールに行くと決まってから、「僕はいったことないのに!」とぷんぷんだったので、なだめてどこかに1泊旅行をしようと言うことになったのでした。

そして、ちょうどU男は第一次世界大戦の研究発表の予定があったので、ノルマンディのメモリアル・ド・カン(戦争博物館)やメモリアルセメタリーなんかをまわることにしました。


当日は、日本語補習校があったので、夕方4時30分にパリを出て、ノルマンディのカン(Cean)についたのは7時ぐらいでした。

この日はホテルにチェックインして、ご飯を食べに行って終わりでした。はしゃぐ親子・・・。

f0138217_21121385.jpg
さて、次の日はもりもり観光です。まずは第一目的の メモリアル・ド・カン 。立派なたてものでした。↓

この中で第一次二次世界大戦についてたくさん学びました。母ちゃんもすっごく勉強になりました。いかに戦後の日本の教育がこれら2つの大戦について何も教えていないかがよーくわかります。隠しても隠しきれることではないのに、なぜ真実を教えないんでしょうか?

そして、ドイツ軍と日本軍がロシアや中国でいかに残虐な殺戮をしていたかというのを恥ずかしながら始めて知りました。

同じ過ちを2度と犯さない為にも人々はこれらの事実を知るべきであると心から思いました。

f0138217_21261831.jpg
今、実は遅ればせながら、小説「永遠の0」を読んでいたので、すごくタイムリーでこの週末はどっぷり世界大戦に染まっていた母ちゃんです。

お次は一息入れに海岸をお散歩。真っ青な海と空が本当に綺麗でした。

f0138217_21265296.jpg
で、長々と浜辺で貝拾いなんかして遊んでいたら、美味しそうなレストランはどこも満員状態になってしまって、ちょっと寂れたレストランに入りました。イタリアンでしたが、こういう寂れ感のあるところでは、冒険せずにピザをオーダー。なかなか悪くなかったです。

(↓なんとなく後方に写っている椅子なんかで寂れ感がわかります?)

f0138217_21270845.jpg

そして、最後はカナダ軍の墓地を訪れました。大体の方々は20代前半でなくなられているようでした。中には18,19歳なんていうのもあって、胸が痛みました。

「最愛の息子、安らかに眠ってください。母」みたいなことが墓石に刻まれていて、 家族はどんな思いだったのかと思うと、 もう涙があふれてしまいましたよ。(最近、涙腺がゆるいです。)

最近、訪問れたばかりのようなお花が飾られたお墓もあって、遠くても家族が訪れるのは後を絶たないのだぁと思いました。

f0138217_21272797.jpg
とっても、勉強になったこの週末、U男も研究発表頑張ってもらいたいもんです。

青い空に海、緑の草原のノルマンディ。今は戦争の面影もない平和な風景の続くこの土地ですが、ものすごい歴史を背負った土地なんだと思いました。そして心から来て良かったなぁと思いました。





[PR]



# by ms627 | 2014-03-29 22:20 | travel

Singapore -2014- ::part 3::

では、シンガポール・パート3、行ってみよー。


まずはシンガポール国立博物館↓

とっても良かったです。まず、建物がとても美しい。古い建物ですが、2006年に新装オープンしたので、とても綺麗で中にはモダンなデザインの部分もあります。

とにかく、シンガポールの歴史がすみずみまでわかります。私は旅行すると、その土地の歴史を知るのが好きなんですが、そう言った意味ではパーフェクトなところでした。ラジオみたいな解説機を入り口で貸してくれるのでとても便利でした。(日本語もありますよー。)

f0138217_05272018.jpg
お次はラッフルズ・ホテル。ここはいろいろな人のお勧めだったのですが、ちょっとがっかり・・・。

シンガポール・スリリングを生み出したロング・バーというバーがあって、ここでそのカクテルを飲もうと思ったのですが、入ってがっくり。なんかその辺のパブみたいなんです。しかも、お年寄りのアメリカ人観光客がいっぱいで、寿司詰め状態・・・。何も飲まずに出てきました。

でも、中庭にあるラウンジ・バーは素敵でしたよー。

写真は正面玄関ですが、写真を撮っていたら、ドアマンの方々が手を振ってくれました。笑

f0138217_22262106.jpg
お次は、マリーナ・ベイ・サンズから見た夜景です。毎晩のようにマリーナ・ベイ・サンズが良く見えるバーでアペロしてたんですが、この日は マリーナ・ベイ・サンズそのものに昇ってみました。

素敵な夜景でしょ? あ、でも写真が良くないなぁ・・・。

f0138217_22464573.jpg
お次は、マリーナ・ベイ・エリアにあるショッピングセンター。すっごい近代的でした。でも、思ったんですが、シンガポールってどこに行っても大型ショッピング・センターがごろごろあるんですよね。みんな、お買い物好きなのかしら?Vinなんてシンガポール人のナショナル・スポーツはショッピングでしょ。なんて言ってましたー。笑

f0138217_22510472.jpg
そして、このショッピングセンターの中には人工カナルがあって、船で行き来できます。(有料と思われる・・・)

f0138217_22514861.jpg
お次は、リトル・インディア。とってもカラフルな建物がありました。マリーナ周辺の近代化したエリアとは全然違う雰囲気で東南アジアっぽさが色濃くでています。ここで、何気なくお昼を食べにインド料理レストランに入ったのですが、激うまっ!!もう、一口食べてVinと「えっ!!」と顔を見合わせるぐらい美味しかったです。

美味しいのでガツガツあっという間に食べてしまって、残念ながら写真がありません。

次回行く機会があったら、また リトル・インディアで インド料理レストランにいきたいっすー。

f0138217_22562321.jpg
リトル・インディアなんですが、道端に舞台作って、こんなのやってましたー。↓すっごく暑いのに、役者の皆さん、この衣装着てだらだら汗かいていらっしゃいました。ご苦労様です。

f0138217_23012745.jpg

書くのを忘れたんですが、食べ物がなんでも本当に美味しかった!一人のときはフードコートとかでランチを食べていたんですが、毎日食べたいものがたくさんあって、かなり迷っていましたねー。残念ながら、ガツガツ食いの卑しい私は食べるのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れましたー。残念。


さてさて、楽しかった旅も終わりです。この1週間本当に充電させていただきましたーーー。ありがとう、Vin!! 次はいつ二人で旅行にいけるかな~?できたら、次回は出張じゃなくて、本当の旅行がしたいなぁ。

そして、そろそろ、小僧達が恋しくなってきた母ちゃんです。次は家族みんなで行きたいナー。そんな日が来ることを祈って!おわりまーす。



f0138217_23033196.jpg




[PR]



# by ms627 | 2014-03-25 23:19 | travel

Singapore -2014- :: Part 2 ::

シンガポール パート2です。

実はシンガポール2度目です。1度目は10年前の新婚旅行のときでした。

そのときは主にマレーシアのとある島のリゾートホテルで旅行の多くの日々を過ごしたんですが、クアラルンプールに滞在した時に折角だからシンガポールに行ってみようということになって、2泊ぐらいしたのでした。

その頃はパート1で紹介した水族館もマリーナ・ベイ・サンズもなく、あるのはマー・ライオンのみでした。笑

ただ、そのときに泊まったパン・パシフィックのホテルで予約の手違いがあって、それを恐縮に思った予約係の人が普通料金でスィートに泊めてくれました。ラッキー♪すっげー、良い部屋でしたー。なんか実はこういうホテル側のミスの為に部屋をグレードアップしてもらったこと結構あります。

あ、話が逸れました・・・・。

では、行ってみよー。

こちらはオーチャード・ロードをちょっと入った閑静な通りにあるシンガポールの伝統的な建物です。とってもかわいいです。こういう昔ながらの建物はアラブ地区とかリトルインディアなんかにはまだ結構残っていた気がします。

f0138217_26859.jpg

お次はアラブ地区です。↓モスクがそびえ立っていました。飾りでもシンボルでもなく、いまだモスクとして多くのイスラム教徒たちがお祈りに来ています。シンガポールのイスラム教徒はほとんどがマレー系のようです。

f0138217_262335.jpg
こちらがモスクの前の通り、おみやげ物屋なんかが立ち並んでいました。

っが、しばし寂びれ感が漂っていましたー。


f0138217_263159.jpg
お次はシンガポール・アート・ムージアムです。↓建物が綺麗に改装されていますが、

これまた古いものでとてもかわいいかったです。

実はシンガポールのアートを見ようと張り切って出かけたのですが、まともなエキジビションがされておらず、がっかりしました。

でも、この建物がとても素敵だったので、それを見に行ったことにしようと自分を慰めるわたしでした・・・・。

f0138217_05264674.jpg

こちらは外の廊下かわいいでしょ~!

f0138217_05270190.jpg
そして、夜には私の唯一のシンガポール在住のお友達で台湾人美女のHNちゃん(真ん中)と彼女のシンガポール人の旦那(イケメンカップル!)と3人でシンガポール名物のスパイシークラブを食べに行きました。美味しかったけど、かっらーーーーー。

3人の前掛け姿がなんともいえません。

f0138217_05274110.jpg

それでは、またまたながくなったので、パート3に続きます♪






[PR]



# by ms627 | 2014-03-25 05:52 | travel

Singapore -2014- :: part1::

またまた久しぶりの投稿ですー。

2013年のさかのぼり更新は打ち切りにして、そろそろ最近のことをアップしていきたいと思いまーす。

今回は2月下旬に行ったシンガポールについて。Vinの出張について行きました。
小僧達はパピーマミー(おじいちゃん、おばあちゃん)のうちでお留守番でした。
ということで、子供の面倒を見なくてよい、家事も一切しなくてうよいこの1週間は本当に楽しかったです♪♪ まさに母ちゃんのヴァカンスでしたー。

そして、「やっぱ、暑くて天気が良いってすばらしいことだわっ!!」と暗くて寒くてグレーなパリから来た私は思っちまいましたわよ。
いいねー、南国は!!では、行ってみよー。

今回泊まったのは、こ~んな素敵なコロニアルスタイルのホテルでした。
ショッピングエリアの中心であるオーチャード・ロードにも徒歩で行けてとても便利はところでした。
高島屋や伊勢丹も行ってきましたよー。笑

f0138217_243072.jpg


部屋の中はこーんな感じ。すっごく広々としていて、快適そのものでした。
今回の旅がとても楽しかったのも、このホテルの快適さのおかげです。

f0138217_243911.jpg


着いたその日は、もうヘロヘロに疲れていたんですが、気合を入れて、ボタニカル・ガーデンとチャイナ・タウンだけは行ってきました。
チャイナ・タウンです。↓中国のお正月の1週間後だったこともあって、まだ街の飾りが残っていました。

f0138217_253466.jpg


次の日からVinは仕事なので、私一人でモリモリ観光しましたよ。
まずはセントーサ島のリゾートワールドセントーサ内にあるマリンライフパーク(Marine Life Park)という世界最大級の水族館に行ってきました。(私、水族館好きなんです)
綺麗でしょ?↓

f0138217_25425.jpg


とても見ごたえのある水族館でした。
サメくんたちは鋭い眼光を放ちながら、物思いにふけているような感じでした。

f0138217_25504.jpg


そして、夜はVinとシンガポール在住のフランス人部下と一緒にマリーナ・ベイ・サンズを対岸から見渡せるバーで一杯。
素敵な夜景を見ながら風に吹かれて、とても気持ち良かったです。
その後は写真はないのですが、オフィス街に突如現る屋台街で美味しいものをたくさん頂きました。

f0138217_26042.jpg


こちらは昼間のマリーナ・ベイ・サンズ↓。
写真の右上にちらっと写っているアートサイエンス・ムージアムに行ったのですが、恐竜についてのエキジビションだっため、中には入りませんでした。(母ちゃん、小僧らと一緒に多くの恐竜エキジビションを十分すぎるほどみているので・・・)

f0138217_261558.jpg



ではでは、ちょっと長くなってきたのでPart 1 はおしまい。

Part 2に続きまーす。
[PR]



# by ms627 | 2014-03-24 05:25 | travel

Parc Astérix

さてさて。2013年後半さかのぼり更新続いています。

今回は9月に行ったパーク・アステリックス(Parc Astérix)について。

昨年のU男のお誕生日に義姉がチケットを4人分くれたのでした。でも、U男の誕生日って10月末なんです。ちょっとのんびり構えていたら、極寒がやってきて、行かれなくなってしまって、(冬季閉鎖なのです。)1年近く連れていくのがすれ込んでしまいました。(チケットは1年間有効でした。)ごめんよー、U男!!


いやー、楽しかったですよー。フランスがディズニーに対抗して作ったかのように思っていましたが、ディズニーランドよりもずっと絶叫マシーン系です。母ちゃん、どきどきしちゃいましたよー。そして、ディズニーランドのように長ーーーいこと並ばないので、私はこちらの方が好きです。


f0138217_06113293.jpg
まずはこんな何てことない乗り物に乗っていました。↓


f0138217_06121628.jpg
でもお次は小僧の後ろにあるこれ↓に乗りたいと・・・・。しかし、ふたりとも身長が足りずで乗れませんでした。ふー。

f0138217_06123848.jpg
とにかく、乗り物に乗ります。乗りますっていう感じで休む暇もありません・・・・。

f0138217_06130042.jpg
どうです。この笑顔!↓連れて来たかいがあるって言うモンです!ちょっぴり、じーん。なんて思っちゃう母ちゃんでした。

f0138217_06181514.jpg
こーんな風にアステリックスのキャラクター達と写真を撮れるスペースもありました。妙に真剣なU男です。

f0138217_06190769.jpg
そして、最後はオベリックスと記念撮影!

f0138217_06205793.jpg
f0138217_06201745.jpg
本当にちょーこわな絶叫マシーンがいっぱいあったんですが、小僧達の身長が足りなかったので、怖いのは2つぐらいでまぬがれました。

とっても楽しかった一日です。っが、母ちゃん、帰って来て疲れ果ててしまってバタン・キューでした。2年前にディズニーランドに行ったときはこれほどまでに疲労感をかんじなかったのに・・・・。これは老いのなせる業か???ゴーキュー・・・。


まだまだ、2013年後期さかのぼり更新続きます!!


あ、でもあさってから1週間シンガポールに行くので、お次の更新はちょっと先かも。ごめんあそばせっ!ではでは!







[PR]



# by ms627 | 2014-02-20 06:50 | going out

ロンドン-パリの引越しを2度繰り返し、パリ近郊に落ち着きつつある我が家の出来事と私の独り言
by ms627
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

このブログについて


家族

私 :日本人

夫 :Vinvin フランス人、ブルターニュ生まれ

長男:U男-2004年パリ16区生まれ

次男:P男-2006年パリ16区生まれ

最新のトラックバック

はじまり
from 神田ぶろぐ

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧